『現状打破』

 当委員会に求められる役割は、対外的な情報発信(会員拡大のための広報活動を含む)と情報の共有化の二つがあると考えています。

 対外的な情報発信は、ホームページ、SNSなどの各種媒体を用いて青年部の活動や、湯のまち別府YEGマスコットキャラクター「けむリン」のPR活動などで青年部活動の発信を行います。また、事業告知や青年部広報活動として広報誌を作成配布し会員拡大に努めます。

 情報の共有化に関しては、AngelTouchの利用促進と共に、全体メールで行います。各種事業・活動への参加呼びかけをできるだけ早く行うことで、会員のスケジュール調整を行いやすい環境を作り、青年部活動を行いやすくします。

 会員の減少が進んでいる昨今、現状打破するべく積極的に広報活動をしていきます。そして、楽しく実りある1年にするために、会員各々の能力を存分に発揮できる環境づくりに邁進します。

 

委員長  島田 幸作

     土地家屋調査士島田周治事務所

 

副委員長 三浦 好徳

     別府漬物有限会社

 

副委員長 濱田 和宏

     株式会社SARABiO温泉微生物研究所

 

副委員長 佐藤 益信

     三光建設工業株式会社

 

副委員長 木村 鉄兵

     有限会社木村写真場

 

副会長  畝﨑 俊秀(広報委員会担当)

     MARSE

委員   古野 光一

     FULL ATHLETE 株式会社

 

委員   川﨑 瑛理香

     DEEP

 

委員   松本 紘季

     SIC合同会社

 

委員   ニコラス ライアン

     株式会社 別府ホーム

 

委員   石田 強

     北海道ダイニングHAL

 

委員   間曽 大輔

     医療法人恵愛会 中村病院

委員   内田 昌志

     株式会社内田コーポレーション

 

委員   松井 友美

     株式会社かがやき

 

委員   佐藤 竜一

     Green Leaf Factor

 

委員   牧野 耕太郎

     株式会社清風エンタープライズ 湯の里葉山

 

委員   森 賢裕

     株式会社A組